松本市 鈴木整形外科-ヒザ痛 腰痛 スポーツ障害(オスグッド病・肉離れ・靭帯損傷)

大
普通
ホーム » よくある症状

よくある症状

下記の症状は一例です。正しくは診断の上、適切な処置をご案内させて頂きます。

症状一覧はこちら

ガングリオン

(1)症状
関節の周辺に米粒大からピンポン玉くらいの腫瘤ができます。手を使いすぎると腫瘤は大きくなることがあります。手首の甲にできる事が多く、軟らかいものから硬いものまであります。
不快感がありますが、多くの場合強い痛みはありません。ただし、神経が圧迫されると痛みが出ることもあります。

(2)原因、病態
関節包(関節をつつむふくろ)や腱鞘の変性により生じます。

(3)診断
注射器で腫瘤を穿刺し、内容物がゼリー状ならガングリオンと診断します。小さいものは、超音波検査が有効です。

(4)治療
ガングリオンは、放置しても心配はありません。大きくなるもの、痛みが強いもの、神経が圧迫される症状が出るものには治療が必要です。注射器で内容物を吸引したり、繰り返し内容物が溜まる場合には手術により摘出することもあります。
 

マレット変形(槌指)

(1)症状
手指の第1関節が曲がったままで腫れや痛みがあり、自分で伸ばそうとしても伸びません。しかし手伝ってやると伸びます。(他動伸展可能)

(2)原因
突き指の一種で、ボールなどが指先にあたったとき起こります。

(3)病態
2つのタイプがあります。
①腱断裂:指を伸ばす腱が切れた状態
②骨折を伴うもの:腱がついている骨の一部が剥離した状態

(4)診断
レントゲン写真で骨折の有無を確認します。

(5)治療
病態や骨折後の経過期間によって治療は異なります。腱断裂では一般に保存療法が行われます。骨折を伴う場合は手術療法を必要とすることがあります。
 

変形性股関節症

主な症状は歩行時の脚のつけ根の痛みです。
症状が進むと変形が生じ、股関節の動きも制限され、靴下履き、和式トイレが困難になります。

【初 期】 立ち上がり、歩き始めに脚のつけ根の痛みが生じ、歩いていると軽快してきます。
【進行期】 歩行時や動作中に痛みが強く、靴下履き、足の爪切り、正座や和式トイレなどが困難になります。
【末 期】 脚のつけ根が伸びなくなり、ひざ頭が外を向くようになります。また左右の脚の長さも違ってきます。

■原因
先天性股関節脱臼の後遺症、臼蓋形成不全症、あるいは外傷が主なものです。
はじめに関節軟骨がすり減り始め、最後には骨の変形をきたします。

■治療
【日常注意】 ダイエットに心掛け、日常の歩行では杖をつきます。
【運動療法】 水中歩行や水泳などで股関節周囲の筋力増強を行います。
【投  薬】 痛みが強い場合は、消炎鎮痛剤の内服が有効です。
【手  術】 股関節の状態により、寛骨臼あるいは大腿骨の骨切り術や、変形が高度な場合には人工関節置換術を行うことがあります。
 

足底腱膜炎

■症状
長時間の立ち仕事や歩行により、かかとの内側前方に痛みが出ます。階段を上る際や、つま先立ちなどで痛みがさらに増します。
中年女性に多く、朝、起床して最初の1歩目に痛みを感じます。歩くうちに徐々に軽減し、夕方になって歩行量が増えるに従い、再び痛みが強くなってきます。
同様の症状は、スポーツ活動の際にもみられます。ランニングなどの開始時は痛みを強く感じますが、運動を続けるうちに徐々に軽快し、長時間になると再び痛みが強くなってきます。

■病態
足底腱膜炎は、繰り返し負荷がかかることにより足底腱膜とかかとの骨との付着部に微小外傷(小さな傷)や変性がおきることで痛みが生じる、腱・靭帯付着部症のひとつです。

■治療
 (1)理学療法:アキレス腱や足底腱膜のストレッチ
 (2)足底板装着
 (3)薬物療法
 

成人期偏平足

■症状
幼児の頃から足裏が平べったく、大人になってもそのまま残っているタイプの偏平足では、痛みはあまりありません。
これに対して、中年以降に発症する偏平足では内側のくるぶしの下が腫れ、痛みが生じます。
初期には足の偏平化は目立ちませんが、次第に変形が進みます。つま先立ちがしにくくなり、さらに進行すれば足が硬くなって歩行が障害されます。

■原因
足にはアーチ構造があり、効率よく体重を支えています。内側のくるぶしの下に、アーチをつり上げる働きをする後脛骨筋の腱が通っています。年齢による腱の変性や体重の負荷によって、この腱が断裂すればアーチは低下します。成人期の偏平足は女性に多く発症します。

■治療
 (1)アキレス腱のストレッチング
 (2)アーチサポート付きの足底板
 (3)重症例では手術が必要になることもあります。
 

骨粗鬆症

「骨粗鬆症」とは骨の量が減り、質も劣化して、骨の強度が低下して骨折をおこしやすくなった状態です。
骨粗鬆症になっても痛みはないのが普通です。しかし、ちょっとしたはずみで背骨が骨折したり、転んだときに手首、太もものつけ根などの骨折が生じやすくなります。骨折すると、その部位が痛くなり動けなくなります。
背骨が1つ、また1つとつぶれていくと、背中が丸くなったり、腰が曲がったりして歩きづらくなってきます。

■原因
骨の中では、古くなった骨が吸収されて、新しい骨が形成されることが繰り返されており、骨吸収が骨形成よりも盛んになると、骨がスカスカになってきます。
男性にもみられますが、女性に多く、主に閉経後のホルモンバランスの崩れによっておこります。

■診断
X線写真と骨密度測定で診断します。
骨密度を測るには、DXA法、超音波法、MD法などがあります。

■治療
薬には以下の種類があり、患者さんの状態に合わせて選択します。
骨吸収抑制剤、骨形成促進剤、ホルモン剤、各種ビタミン(D,K)剤など。
 

腰部脊柱管狭窄症

背骨には、脊柱管と呼ばれる管が縦に走っており、この中に脳から伸びた脊髄が通っています。脊柱管が何らかの原因で狭くなって、中にある神経が圧迫されることによっておこる病気です。
脊柱管の中の神経が圧迫された結果、歩いているうちに、殿部から足にかけて痛みやしびれを感じ、動けなくなります。しばらく休むとまた歩けるようになりますが、病状が進むと痛みなどを感じる間隔がみじかくなってきます。
これを間欠跛行(かんけつはこう)といいますが、これが特徴的です。

この病気では長い距離を続けて歩くことができません。
腰部脊柱管狭窄症では、腰痛はあまり強くなく、安静にしているときにはほとんど症状はありませんが、背筋を伸ばして立っていたり歩いたりすると、太ももやひざから下にしびれや痛みが出て歩きづらくなります。しかし、少し前かがみになったり、腰かけたりするとしびれや痛みは軽減されます。

■診断
単純X線(レントゲン)写真である程度は推測できますが、より詳しく診断するためにはMRI検査が必要となります。

■治療
保存的治療としては、リハビリテーション、コルセット、神経ブロックや脊髄の神経の血行を良くする薬で症状が改善することもあります。しかし、歩行障害が進行し、日常生活に支障が出てくる場合には手術で神経の圧迫を取り除くこともあります。
 

アキレス腱付着部症

■症状
アキレス腱とかかとの骨の付着部周辺に痛みがあらわれます。とくに、上向きに足首を曲げたときに強い痛みが生じます。進行すると、安静時にも痛みが続くようになります。

■病態
繰り返し負荷がかかることで、アキレス腱とかかとの骨との付着部に、変性が生じ痛みが生じる腱・靭帯付着部症のひとつです。

■治療
 (1)足底板装着
 (2)アキレス腱のストレッチ
 (3)薬物療法
 

変形性ひざ関節症

ひざ関節の中は、潤滑油の役割をもつ関節液で満たされており、ひざの動きをスムーズにしています。
ところが、加齢などにより、関節成分であるヒアルロン酸などが減少してくると、関節軟骨がすり減ってきたり、炎症が起こります。初期症状として、歩き始めや階段の上り下り、立ち上がるときなど動き始めるときにひざに痛みが生じます。
病気が進行すると、痛みはさらに強くなり、ひざがO脚に変形したり、ひざに水がたまったりします。これが変形性ひざ関節症です。
早めに適切な対処を行うことで、痛みをとるだけでなく、病気の進行を遅らせることが可能です。
 

肩腱板断裂

40才以上で男性(男62%、女38%)、右肩(右68%、左32%)に好発します。
肩の運動障害、運動痛、夜間痛を訴えますが、夜間痛で睡眠がとれないことが来院するいちばんの理由です。
運動痛はありますが、多くの患者さんは肩の挙上は可能です。五十肩と違うところは、拘縮、すなわち関節の動きが固くなることが少ないことです。
断裂の背景には、腱板が肩峰と上腕骨骨頭にはさまれているという解剖学的関係と、腱板の老化がありますので、中年以降の病気といえます。
 

手根管症候群

示指、中指を中心にしびれ、痛みが出ます。しびれは環指、母指に及ぶこともあります。
これらは明け方に強くなり、手を振ることで楽になります。女性に多く生じ、正中神経が手首(手関節)にある手根管というトンネルで圧迫された状態です。
 

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)

物をつかんで持ち上げるような動作をすると肘の外側から前腕にかけて痛みが出現します。
タオルを絞る時や、ナベなどを持ち上げる際などに痛みがでます。
中年以降のテニス愛好家に生じやすいのでテニス肘と呼ばれていますが、一般的には年齢とともに腱が痛んで発症します。
 

頸椎椎間板ヘルニア

首や肩甲部、上肢に痛みやしびれが放散したり、箸が使いにくくなったり、ボタンがかけづらくなったりします。
また足のもつれ、歩行障害が出ることもあります。まれに、排尿障害や狭心症に似た胸部痛がみられます。
原因は椎間板が加齢などで変性し、後方へ突出して起こります。
30才代~50才代に多く、しばしば誘因なく発症します。
 

五十肩(肩関節周囲炎)

肩関節が痛み、関節の動きが悪くなります。
動かす時に痛みがありますが、あまり動かさないでいると肩の動きが悪くなってしまいます。夜は寝返りや肢位によりズキズキ痛み不眠になることもあります。痛い肩を上にして若干屈曲位にすると疼痛は緩和します。
関節を構成する骨、軟骨、靱帯や腱などが老化して肩関節の周囲の組織に炎症が起きることが主な原因と考えられています。
X線撮影、MRI検査、関節造影検査、超音波検査などで、石灰性腱炎や腱板断裂、上腕二頭筋長頭腱損傷など他の病態の有無を鑑別し、治療法を決めます。
 

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアでは腰や殿部が痛み、下肢にしびれや痛みが放散したり、足に力が入りにくくなります。
背骨が横に曲がり(疼痛性側弯)、動きにくくなり、重いものを持ったりすると痛みが強くなることがあります。
椎間板は、線維輪と髄核でできていて、背骨をつなぎ、クッションの役目をしています。その一部が出てきて神経を圧迫し症状が出ます。
大半が保存的治療で改善しますが、約10~30%程度で手術に至る例があります。

■保存的治療
 (1)薬物療法
 (2)硬膜外ブロック療法
 (3)コルセット装着
 (4)運動療法
 (5)神経根ブロック療法

■手術療法
 (1)髄核摘出術<LOVE法>
 (2)内視鏡下椎間板摘出術<MED法>
 

ひざ・半月板損傷

半月板は、ひざ関節の「大腿骨と脛骨」の間にあるC型をした軟骨の板で、内側・外側それぞれがあり、クッションの役割を果たしています。
これが損傷しますと、ひざの曲げ伸ばしの際に痛みやひっかかりを感じたりします。
ひどい場合には、ひざに水がたまったり、急にひざが動かなくなる“ロッキング”という状態になり、歩けなくなるほど痛くなります。

■診断
 MRI検査が有用

■治療
 (1)薬物療法、サポーターなどの保存的治療
 (2)関節鏡手術<縫合術、切除術など>
 

シンスプリント

陸上競技の中・長距離選手や、サッカー、バスケットボールなど走ることの多い競技で、中学・高校生の選手(特に新人選手)に多くみられ、疲労がたまったときに発症しやすく、下腿(スネ)の内側に痛みのおこる障害です。
疲労性障害で、脛骨過労性(疲労性)骨膜炎とも呼ばれています。
 

オスグッド病

小学高学年から中学の発育期のスポーツ少年のお皿の下の骨(脛骨粗面という)が徐々に出てきて、痛みを生じてくるものをいいます。
スポーツで、特に飛んだり跳ねたり、またボールを蹴る動作の繰り返しにより生じてきます。休んでいると痛みが無くなりますが、スポーツを始めると痛みが再発します。成長期に特徴的な痛みです。
診断は上記症状とレントゲン検査で判ります。
 

腸脛靭帯炎

ランニングに伴う疲労性障害であり、走行時、特に着地時の膝関節外側の疼痛が生じます。
靭帯が骨のすぐ上を通るところでは、膝の曲げ伸ばしによって、靭帯と骨の摩擦が生じて炎症の原因になります。
 

ジャンパー膝

靭帯や腱が骨につくところでは、筋肉のはたらきによるストレスが集中しやすく、組織の小さな損傷が生じます。
・大腱四頭筋腱付着部炎
・膝蓋靭帯炎
があります。
 

疲労性骨折

骨の同一部位に繰り返しの外力や筋の収縮が作用した結果、骨折を生じるものが疲労性骨折です。
足では第2、3中足骨に多くおこります。
 

足関節捻挫

捻挫とは、関節を支持している靭帯がいたむことです。靭帯のいたむ程度によって、捻挫の程度を3つに分けています。
1度の捻挫は、靭帯が伸びる。2度の捻挫は靭帯の一部が切れる。3度の捻挫は、靭帯が完全に切れると定義されています。
1度と2度の捻挫では、R.I.C.E処置をおこないます。
3度の捻挫では、R.I.C.E処置をおこない、さらに2~3週間の固定をすることがあります。また、稀に手術をおこなうときもあります。
 

アキレス腱周囲炎

アキレス腱を包んでいる腱膜の1つであるパラテノンの炎症であり、腱実質は正常です。
炎症を繰り返すとパラテノンは肥厚し、腱と線維性癒着を起こすようになります。
 

外脛骨障害

好発年齢は、スポーツ活動が盛んな10~15歳の思春期であり、運動量の増加や打撲や捻挫などを契機として症状が発現することが多いです。
運動時または歩行時の疼痛を訴え、後脛骨筋腱の付着部である舟状骨内側部に骨性の膨隆と著明な圧痛が認められます。
 

三角骨障害

三角骨が脛骨と踵骨の間に挟まれることで疼痛が誘発されます。
クラシックバレエやサッカーなどで多くみられます。症状は、アキレス腱前方に疼痛を訴え、周部に圧痛が認められます。
 

足底腱膜炎

陸上の長距離ランナーに多くみられます。
朝、起床時の1歩目の疼痛が特徴的な症状です。疼痛は運動時、または歩行時に踵部内側に認められます。踵部痛は、ランニングや歩行の開始時に強く、運動を続けると徐々に軽減する傾向があります。
 

関節唇損傷

関節唇は、関節窩縁に全周性にある軟骨で、関節窩とともに上腕骨頭の動きの受け皿となっています。この関節唇の上方部分の損傷は、SLAP損傷として知られています。
 

腱板損傷

腱板は、4つの筋腱から成り、肩甲骨と上腕骨頭をつないでいます。この4つの筋腱は、単独で働くのではなく、お互いに連携し合い、小さな収縮で働いています。
臨床上、投球障害肩で損傷が多いのは、棘上筋と棘下筋です。
 

離断性骨軟骨炎

上腕骨小頭離断性骨軟骨炎も投球休止による保存的治療が優先されます。しかし、上腕骨小頭の骨透過像が進行し、遊離体を形成すると、日常生活でも可動域制限や嵌頓など症状が出現するため、遊離体摘出や骨軟骨移植術などをおこないます。
 

野球肘

内側型、外側型、後方型など様々な病態が混在しています。
野球肘は、使い過ぎによって生じます。少年では、肘関節周辺の骨がまだ成長過程であり、成長軟骨が残っています。筋肉や靭帯なども未成熟なので、基本的には手術適応となることは少なく、安静による保存療法が優先されます。
 

腰椎分離症

関節突起間部の疲労性骨折が原因と考えられており、発育期のスポーツ選手の腰痛の大きな原因となっています。
診断には、単純X線像が基本となるが斜位像でスコッチテリア像として摘出されます。
 

ばね指

指は、腱によって曲げ伸ばしをすることができます。屈筋腱には、腱の浮き上がりを押さえる靱帯性腱鞘というトンネルがあります。
屈筋腱と靱帯性腱鞘の間で炎症がおこると、指の付け根に痛み、腫れ、熱感が生じます。これを腱鞘炎と呼び、進行するとばね現象が生じます。これがばね指です。
 

肘部管症候群

麻痺の進行により症状が違います。
初期は、小指と環指の一部にしびれ感が出現します。麻痺が進行するに伴い、手の筋肉がやせてきたり、小指と環指が変形をおこします。(かぎ爪指変形といいます。)

■原因
肘の内側で神経(尺骨神経)が慢性的に圧迫されたり牽引されることで発症します。

■治療
薬物の投与などの保存療法で症状が軽快しない場合は、尺骨神経を圧迫しているバンドの切離やガングリオンの切除をします。
 

ヘバーデン結節

示指から小指にかけて第1関節(DIP関節)が赤く腫れたり、曲がったりします。
痛みを伴うことがあります。母指にみられることもあります。原因は不明ですが、局所の所見は第1関節に発生する変形性関節症です。一般に女性に多く発症します。
 

肩腱板断裂

肩の運動障害、運動痛、夜間痛を訴えますが、夜間痛で睡眠がとれないことが来院するいちばんの理由です。
断裂の背景には腱板が肩峰と上腕骨骨頭にはさまれているという解剖学的関係と、腱板の老化がありますので、中年以降の病気といえます。
明らかな外傷によるものは半数で、残りははっきりとした原因はなく、日常生活の動作の中で断裂がおきます。
 

関節リウマチ

最初は両方の手や足の指の関節が対称的に腫れて、とくに朝、こわばるようになります。また人によっては膝関節や股関節など大きな関節にも病変が進み、水が溜まり、動きにくくなり、痛みのため日常生活に困難をおぼえるようになります。どの年代でもおこりますが、特に30~40才代の女性に多く発症します。
軽症の人もいれば、重症の人もいて症状も多彩です。早めの診断・治療が必要です。
 

痛風

打撲や捻挫などしていないのに、母趾(足の親指)の付け根が急に赤く腫れて痛くなることがあります。
暴飲暴食した翌朝等に多く、風が吹いても痛いということで「痛風」と呼ばれています。母趾の付け根以外に、足関節、足の甲、アキレス腱の付け根、膝関節、手関節にも激痛発作が起こることがあります。
病態としては、血液中の尿酸値が上昇し、過飽和になると関節内に尿酸塩結晶が生じます。この結晶を白血球が処理する際、痛風発作(急性関節炎)が発症します。診断としては、臨床症状や血液検査での血中尿酸値から診断可能です。
 

 

ページ先頭へ