松本市 鈴木整形外科-ヒザ痛 腰痛 スポーツ障害(オスグッド病・肉離れ・靭帯損傷)

大
普通
ホーム » よくある症状 » 部活やスポーツをしている方 » ひざ

よくある症状

下記の症状は一例です。正しくは診断の上、適切な処置をご案内させて頂きます。

症状一覧はこちら

シンスプリント

陸上競技の中・長距離選手や、サッカー、バスケットボールなど走ることの多い競技で、中学・高校生の選手(特に新人選手)に多くみられ、疲労がたまったときに発症しやすく、下腿(スネ)の内側に痛みのおこる障害です。
疲労性障害で、脛骨過労性(疲労性)骨膜炎とも呼ばれています。
 

オスグッド病

小学高学年から中学の発育期のスポーツ少年のお皿の下の骨(脛骨粗面という)が徐々に出てきて、痛みを生じてくるものをいいます。
スポーツで、特に飛んだり跳ねたり、またボールを蹴る動作の繰り返しにより生じてきます。休んでいると痛みが無くなりますが、スポーツを始めると痛みが再発します。成長期に特徴的な痛みです。
診断は上記症状とレントゲン検査で判ります。
 

腸脛靭帯炎

ランニングに伴う疲労性障害であり、走行時、特に着地時の膝関節外側の疼痛が生じます。
靭帯が骨のすぐ上を通るところでは、膝の曲げ伸ばしによって、靭帯と骨の摩擦が生じて炎症の原因になります。
 

ジャンパー膝

靭帯や腱が骨につくところでは、筋肉のはたらきによるストレスが集中しやすく、組織の小さな損傷が生じます。
・大腱四頭筋腱付着部炎
・膝蓋靭帯炎
があります。
 

 

ページ先頭へ