松本市 鈴木整形外科-ヒザ痛 腰痛 スポーツ障害(オスグッド病・肉離れ・靭帯損傷)

大
普通
ホーム » 院長挨拶

ご挨拶

院長 鈴木成典
院長 鈴木成典

認定医および所属

■日本整形外科専門医
■日本整形外科学会スポーツ認定医
■日本体育協会公認スポーツドクター

 

経歴

東筑摩郡山形村出身
S61年 岩手医科大学卒業
信州大学整形外科教室入局
以後、信州大学病院、厚生連安曇病院、厚生連篠ノ井病院、飯田病院、県立木曽病院、
相澤病院を勤務
H11年 松本市島立に鈴木整形外科を開業

私が目指す地域密着の整形外科

多くの大病院を勤務した経験の中で、病気の初期症状をいち早く発見し早期に治療にあたるためには、気軽に相談できる“町医者”の存在が大切であるという思いが常々ありました。
地域密着型の整形外科を作りたく、平成11年に開業。

現在、患者様一人ひとりに対し、親身な態度と誠意を持って治療にあたることを第一に考えております。どのような年代の方にも安心してご来院することができるよう、治療者として様々な原因を見極めながらその原因に対して的確に治療を行っております。

また、私自身のスポーツ(テニス)の経験も加味しながら、スポーツ外傷のより専門的な対応・治療・アドバイスも行っております。
スタッフ一同、毎日、元気に明るく対応しております。
地域の町医者として、皆様の健康維持・増進にお役立ていただければ幸いです。 

 

 

ページ先頭へ