松本市 鈴木整形外科-ヒザ痛 腰痛 スポーツ障害(オスグッド病・肉離れ・靭帯損傷)

大
普通
ホーム » 20~30代の方, よくある症状 » ひざ・半月板損傷

ひざ・半月板損傷

半月板は、ひざ関節の「大腿骨と脛骨」の間にあるC型をした軟骨の板で、内側・外側それぞれがあり、クッションの役割を果たしています。
これが損傷しますと、ひざの曲げ伸ばしの際に痛みやひっかかりを感じたりします。
ひどい場合には、ひざに水がたまったり、急にひざが動かなくなる“ロッキング”という状態になり、歩けなくなるほど痛くなります。

■診断
 MRI検査が有用

■治療
 (1)薬物療法、サポーターなどの保存的治療
 (2)関節鏡手術<縫合術、切除術など>

 

 

ページ先頭へ