松本市 鈴木整形外科-ヒザ痛 腰痛 スポーツ障害(オスグッド病・肉離れ・靭帯損傷)

大
普通
ホーム » 30~50代の方, よくある症状 » 五十肩(肩関節周囲炎)

五十肩(肩関節周囲炎)

肩関節が痛み、関節の動きが悪くなります。
動かす時に痛みがありますが、あまり動かさないでいると肩の動きが悪くなってしまいます。夜は寝返りや肢位によりズキズキ痛み不眠になることもあります。痛い肩を上にして若干屈曲位にすると疼痛は緩和します。
関節を構成する骨、軟骨、靱帯や腱などが老化して肩関節の周囲の組織に炎症が起きることが主な原因と考えられています。
X線撮影、MRI検査、関節造影検査、超音波検査などで、石灰性腱炎や腱板断裂、上腕二頭筋長頭腱損傷など他の病態の有無を鑑別し、治療法を決めます。

 

 

ページ先頭へ