松本市 鈴木整形外科-ヒザ痛 腰痛 スポーツ障害(オスグッド病・肉離れ・靭帯損傷)

大
普通
ホーム » 60代~, よくある症状 » 変形性ひざ関節症

変形性ひざ関節症

ひざ関節の中は、潤滑油の役割をもつ関節液で満たされており、ひざの動きをスムーズにしています。
ところが、加齢などにより、関節成分であるヒアルロン酸などが減少してくると、関節軟骨がすり減ってきたり、炎症が起こります。初期症状として、歩き始めや階段の上り下り、立ち上がるときなど動き始めるときにひざに痛みが生じます。
病気が進行すると、痛みはさらに強くなり、ひざがO脚に変形したり、ひざに水がたまったりします。これが変形性ひざ関節症です。
早めに適切な対処を行うことで、痛みをとるだけでなく、病気の進行を遅らせることが可能です。

 

 

ページ先頭へ