松本市 鈴木整形外科-ヒザ痛 腰痛 スポーツ障害(オスグッド病・肉離れ・靭帯損傷)

大
普通
ホーム » 60代~, よくある症状 » 腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症

背骨には、脊柱管と呼ばれる管が縦に走っており、この中に脳から伸びた脊髄が通っています。脊柱管が何らかの原因で狭くなって、中にある神経が圧迫されることによっておこる病気です。
脊柱管の中の神経が圧迫された結果、歩いているうちに、殿部から足にかけて痛みやしびれを感じ、動けなくなります。しばらく休むとまた歩けるようになりますが、病状が進むと痛みなどを感じる間隔がみじかくなってきます。
これを間欠跛行(かんけつはこう)といいますが、これが特徴的です。

この病気では長い距離を続けて歩くことができません。
腰部脊柱管狭窄症では、腰痛はあまり強くなく、安静にしているときにはほとんど症状はありませんが、背筋を伸ばして立っていたり歩いたりすると、太ももやひざから下にしびれや痛みが出て歩きづらくなります。しかし、少し前かがみになったり、腰かけたりするとしびれや痛みは軽減されます。

■診断
単純X線(レントゲン)写真である程度は推測できますが、より詳しく診断するためにはMRI検査が必要となります。

■治療
保存的治療としては、リハビリテーション、コルセット、神経ブロックや脊髄の神経の血行を良くする薬で症状が改善することもあります。しかし、歩行障害が進行し、日常生活に支障が出てくる場合には手術で神経の圧迫を取り除くこともあります。

 

 

ページ先頭へ