ばね指

2018年9月23日

指は、腱によって曲げ伸ばしをすることができます。屈筋腱には、腱の浮き上がりを押さえる靱帯性腱鞘というトンネルがあります。
屈筋腱と靱帯性腱鞘の間で炎症がおこると、指の付け根に痛み、腫れ、熱感が生じます。これを腱鞘炎と呼び、進行するとばね現象が生じます。これがばね指です。

コメントは受け付けていません。