野球肘

2018年9月23日

内側型、外側型、後方型など様々な病態が混在しています。
野球肘は、使い過ぎによって生じます。少年では、肘関節周辺の骨がまだ成長過程であり、成長軟骨が残っています。筋肉や靭帯なども未成熟なので、基本的には手術適応となることは少なく、安静による保存療法が優先されます。

コメントは受け付けていません。