関節唇損傷

関節唇は、関節窩縁に全周性にある軟骨で、関節窩とともに上腕骨頭の動きの受け皿となっています。この関節唇の上方部分の損傷は、SLAP損傷として知られています。

腱板損傷

腱板は、4つの筋腱から成り、肩甲骨と上腕骨頭をつないでいます。この4つの筋腱は、単独で働くのではなく、お互いに連携し合い、小さな収縮で働いています。
臨床上、投球障害肩で損傷が多いのは、棘上筋と棘下筋です。