腰椎分離症

関節突起間部の疲労性骨折が原因と考えられており、発育期のスポーツ選手の腰痛の大きな原因となっています。
診断には、単純X線像が基本となるが斜位像でスコッチテリア像として摘出されます。