院長ノート

院長ブログ

抱っこのせいだけじゃない?授乳期ママの手のしびれや痛み

2022年5月8日

こんにちは。皆さん充実したGWは過ごせましたか?私は医院の改装工事で、あっという間に過ぎてしまった感じです。改装工事は後もう一段階予定してます。次の長期休みがお盆ですのでそこで終わる予定です。来院される患者さん方にはご迷惑おかけいたします。

さて今日は、授乳期ママに多い手の疾患のお話です。
授乳期の女性は女性ホルモンの影響を受け、いろいろな症状が手指に生じてきます。一番よく認めらるのが手根管症候群です。これはしびれが主訴です。なにも原因がないのに急に手指にしびれが生じてきて、中には心配になり脳神経外科を受診する人もいます。またひどい場合には、朝方しびれがひどくなり目をさましてしまう人もいます。しびれは親指、示指、中指にかけて認められます。
詳しくはこちら↓指の痺れや痛みで夜間目が覚める
次に多いのはド・ケルバン症候群と言う腱鞘炎です。親指の付け根から手関節の付近の痛みと腫れが主訴です。具体的な症状は、親指と一緒に手首を小指側に曲げると痛みが生じます。
詳しくはこちら↓親指と一緒に手首を小指側に曲げると痛い
このように、赤ちゃんの抱っこだけが原因ではなく、ホルモンの影響でしびれや痛み、腫れが生じることがあり、当院にも多くの患者さんが来院されています。赤ちゃんのお世話にお休みはなかなか作れませんよね。授乳中でも赤ちゃんに影響のない飲み薬もありますので、まずはこのような症状がありましたらご相談ください。

カテゴリー
文責 院長 鈴木 成典

鈴木整形外科 院長 鈴木 成典

地域の患者様に安心な医療を提供できるよう、地域連携を第一に医療活動を行なっています。

  • 整形外科専門医
  • 日本整形外科学会スポーツ認定医

院長あいさつへ