院長ノート

ss関節の痛みに ヒアルロン酸注射による治療

2023年1月11日

こんにちは。毎日寒い日が続いていますね。松本市にある当院の周りも冬の趣です。

さて、当院には「階段を下りるときに膝が痛む」「立ったり座ったりする動作に苦労する」など、関節の痛みでお悩みの患者さんが多く来院しています。

今回お話しするのは、そんな関節の痛みに有効な「ヒアルロン酸注射による治療」について。

主に、次の疾患の治療に用います。
◎ 変形性膝関節症
◎ 肩関節周囲炎(五十肩)
◎ 関節リウマチの膝痛

 
■ ヒアルロン酸とは
「ヒアルロン酸」とは、糖質が集まった多糖の一種です。

もともと体に含まれている粘り気のある物質で、目や皮膚、リンパ液、そして特に関節に多く含まれています。ヒアルロン酸は、いわば関節の動きをスムーズにする潤滑油。
私たちが歩いたり、膝を曲げたりしても軟骨や骨がすり減らないのはこの物質のおかげなのです。

 
■ 関節の仕組みと痛みの原因
関節の仕組みについて、膝関節を例に見ていきましょう。

膝関節全体は「関節包」で包まれていて、その中は「関節液」で満たされています。この関節液に豊富に含まれているのがヒアルロン酸です。



しかし、関節液中のヒアルロン酸の濃度は年齢とともに低下。70歳代では10歳代に比べて半分くらいまで下がるとされています。こうして潤滑油の機能が失われると軟骨同士がこすれ合い、少しずつすり減っていきます。これに肥満やO脚、運動不足による筋力の低下がなどの要因が加わると、軟骨の摩耗が進み、強い痛みが生じます。

 
■ ヒアルロン酸注射による治療
患部にヒアルロン酸を注射して、関節液内のヒアルロン酸の濃度を高めます。

関節の動きが改善することで軟骨の破壊を防ぎ、病気の進行を遅らせる効果が期待できます。
まずは、1週間に1回、それを5回ほど続けて注射。痛みの程度を観察しながら治療を進めます。多くの場合、治療開始から2、3週間後には炎症が治まり痛みが緩和します。

ちなみに、注射には細い針を使うため、チクッとするくらいであまり痛みはありません。

ヒアルロン酸注射を続けても痛みが改善しない場合や、軟骨の摩耗が激しく痛みが強い場合は手術を検討します。
症状が進行する前に早めに受診しましょう。

文責 院長 鈴木 成典

鈴木整形外科 院長 鈴木 成典

地域の患者様に安心な医療を提供できるよう、地域連携を第一に医療活動を行なっています。

  • 整形外科専門医
  • 日本整形外科学会スポーツ認定医

院長あいさつへ