院長ブログ
院長ブログ

子どもは汗っかきではない? 保護者、指導者の皆様へ

2021年07月18日

県内も梅雨明けして、いよいよ夏到来ですね。梅雨明け後から「熱中症」のニュースが毎年入ってきて皆さんも気をつけてらっしゃる事と思います。
さてタイトルの通り、今回は子どもの熱中症の話です。
子供は汗の働きが大人に比べて発達しておりません。子供は発汗能力で劣る分、皮膚血流量を大人より増加させて熱放散を促進する特性を持ってます。しかし、皮膚温より夏季の炎天下など周りの気温が高い場合では、汗が唯一の熱放散手段になるので、子どもの未発達な発汗機能が深部体温をさらに上昇させてしまいます。つまり子供が顔を赤くし、ひどく汗をかいているときには、既に深部体温がかなり上昇していると思ってください。年齢が低いほど、自分では対策できませんので、保護者、指導者の方は気をつけてください。

ここで子供を熱中症から守るために気をつけたいことをまとめました。

⑴服装を選びましょう。・・・風通しの用意服装はもちろん、帽子、冷却グッズを自分で活用できるように指導しましょう。
⑵汗のかきかた、顔色を観察しましょう。・・・顔が赤く、ひどく汗をかいてるときには涼しい場所へ移動し、体調が良くならない場合は速やかに医療機関を受診してください。
⑶日頃から暑さに慣れさせましょう。・・・適度な外遊びで上手に汗をかく習慣を身につけましょう。
⑷適切な飲水行動を学習させましょう。・・・喉が渇かなくても、こまめに水分補給する習慣を身につけましょう。

子供たちにとって楽しい夏休みももうすぐ始まります。元気いっぱい過ごせるよう、熱中症にはくれぐれも気をつけてください。