年代別で見るよくある症状

年代別よくある症状
(20〜30代)

若者に多い症状

働き盛りの20〜30代は、仕事やスポーツなどによるケガや疾患が多いのが特徴です。

長時間のデスクワークによる肩こりやパソコンの操作などで手首の使い過ぎによる腱鞘炎(ドケルバン病)、力仕事で重いものを持ち上げることで生じる腰痛(慢性急性)など症状はさまざまです。

また、スポーツやアウトドアを楽しむ年代であることから、疲労や事故によるケガも多く見られます。

野球やランニング、登山やトレッキングなどをする際は、ウォーミングアップやストレッチを行い、意識して休息を取るなど、ケガの予防を心掛けましょう。

「体に痛みがある」「体の調子がおかしい」など、少しでも痛みや違和感がありましたら、お気軽に当院までご相談ください。