年代別で見るよくある症状

年代別よくある症状
(40〜50代)

中高年に多い症状

力仕事やスポーツなどをしていると、「若い頃はこのくらい平気だったのに…」と感じることがあります。

40〜50代になると、加齢により筋肉、腱、軟骨、骨などの老化が進み、運動能力も低下していきます。

それに伴い、さまざまな疾患やケガが生じやすくなります。

中高年に多い症状として、肩こり、腰痛(慢性急性)、背部痛、膝などの関節痛や肘などの関節リウマチがあります。

これらの症状を放置すると悪化することがあるため、早期の診断と治療が大切です。

普段から適度な運動と正しい生活習慣を心掛け、病気やケガの予防に取り組みましょう。

体のことで少しでも気になることがありましたら、お気軽に当院にご相談ください。