症状の詳細
症状の詳細
one-point
';
骨がスカスカで脆くなり、骨折しやすくなる
骨の強度が低下して骨折しやすくなる病気
骨粗鬆症
こつそそうしょう
主な症状

症状
骨粗鬆症とは、骨の強度が低下して骨折しやすくなる病気です。
骨粗鬆症によって骨がもろくなってくると、ちょっとしたはずみで骨折を起こしやすくなり、骨折が原因で寝たきりにつながることもあるため、日常生活を送るうえで骨折を起こしにくい丈夫な骨にするための適切な治療が必要となります。
主な症状としては背中や腰が曲がる、背中や腰が痛む、背がちぢむ、転んだり尻もちをつくなどちょっとしたはずみで骨折をするなどです。年齢が高くなるほどなりやすく、40歳以上の女性においては4〜5人に1人が骨粗鬆症ともいわれています。

原因
骨は生涯をとうして新陳代謝が行われています。骨の健康は、骨の表面に存在している破骨細胞による骨吸収と骨芽細胞による骨形成が絶えず行われることで保たれています。
しかし閉経や加齢によって新しく作られる骨の量よりも壊される骨の量が上回り、骨吸収が形成よりも盛んになると骨がスカスカになってしまい、その結果骨粗鬆症になると考えられます。

診断
⑴ X線検査で背骨に骨折があるか、背骨の変形がどのくらい進んでいるかを確認します。
⑵ 骨密度測定で骨密度を調べます。
⑶ 骨代謝マーカー測定 骨から尿や血液に出てきた物質で骨がどのくらい壊されているか、どのくらい作られているか、その状態を見ることができます。

治療
1 薬物療法
骨を壊す働き(骨吸収)を抑える薬と骨を作る働き(骨形成)を促す薬があり、患者さんの骨密度の程度や骨折の危険性などを考慮して、お薬が選択されます。
2 食事療法
骨の構成成分であるカルシウムの摂取は骨粗鬆症の予防、治療において重要です。牛乳、豆腐、ししゃもなどカルシウムの多い食品をバランスよくとりましょう。
3 運動療法
運動は骨を刺激し丈夫にする効果が期待でき、筋肉を鍛えることで転倒予防にもつながります。ジョギングや散歩など自分に合った運動療法を行いましょう

骨吸収と骨形成
骨粗鬆症の薬一覧

どうして骨粗鬆症の治療が必要なのか?
骨粗鬆症の治療の目的として、最初の骨折の予防と骨粗鬆症による骨折があった場合の次の骨折の予防があります。
骨粗鬆症による骨折を起こしたことがある方は、すでに骨がもろくなっているため、骨折をくり返すおそれがあります。
一度骨折すると、周りの骨に負担がかかり、2箇所、3箇所と次々に骨折してしまうことを骨折連鎖といいます。
この骨折連鎖を起こさないためにも、骨粗鬆症の治療を行なうことが大切です。
背骨で複数の骨折が起きると、姿勢の悪化や身長低下がおこります。