症状の詳細
症状の詳細
one-point
';
足の内側が出っ張っていて歩くだけで痛い
有痛性外脛骨
ゆうつうせいがいけいこつ
主な症状
症状部分画像
  • 症状
    運動時に内くるぶしが痛い。舟状骨内側部に骨性の膨隆と著名な圧痛を認める。
    10〜15才の思春期スポーツ活動に伴い発症することが多いです。
  • 原因
    外脛骨は足の過剰な骨のひとつであり、健常者の15%前後に認められます。
    運動や外傷を契機として有痛性になると治療の対象になります。
  • 診断
    骨性膨隆部の圧痛及びレントゲン写真にて診断は容易です。
  • 治療
    大多数は保存的治療で軽快します。
    多くは10〜13才頃に発症し痛みはある期間持続しますが、骨成長停止期の15〜17才頃に発症し、痛みはある期間持続しますが、骨成長停止期の15才〜17才頃には自然治癒します。