症状の詳細
症状の詳細
one-point
';
手の指の関節が痛い
へバーデン結節
へばーでんけっせつ
主な症状
症状部分画像

ヘバーデン結節って何?
手指の関節の腫れ・痛み・しびれ・変形が第一関節に起こることを「ヘバーデン結節」といいます。
結節とは骨のコブのことで、関節が変形して膨らんで太くみえます。人によってはかなり太い人もいます。手指の関節が腫れて痛むだけでなく時に、第一関節の近くに粘液嚢腫(ミューカスシスト)と呼ばれる水ぶくれが現れることもあります。レントゲン写真では関節の隙間が狭くなり、骨のトゲ(骨棘)が認められればヘバーデン結節と診断されます。また傾向としては40才以降の女性に痛みを訴える方が多いです。
またへバーデン結節では水疱(ミューカスシスト)を伴うことがあり、水疱は関節と繋がっているため他科受診の際、水疱を穿刺したり凝固されたりしてそれを機に化膿性関節炎の感染を生じてしまうこともありますので注意して下さい。
(ミューカスシスト)は関節の変形や炎症が刺激となって背側に水疱が形成されます。原因はヘバーデン結節です。これは皮膚の病気ではありませんので注意して下さい。

治療
1)装具療法(ヘバーデンスプリント)
2)薬物療法 最近変形性関節症に使い効果を上げているデュロキセチンという内服薬があり注目されています。これは脳から脊髄には痛みを抑える役割があり、このブレーキングシステムを正常化する薬です。
3)進行を抑える目的でエクオールというサプリメントを内服します。
4)テーピング

  • エクオールをおすすめします
    当院でサプリメントとして使用している「エクオール」は、大豆イソフラボンが腸内細菌によって代謝されて作られる物質で、エストロゲンと非常に似た化学構造をしており、エストロゲン受容体と結合することで更年期症状であるほてり、首や肩のこり、骨密度などに対して好影響を与えると言われています。
    ヘバーデン結節治療の第一人者である平瀬雄一先生によると、「関節の変形が軽度〜中等度の症例においてはエクオールおよびステロイド注射による治療が有用であったが、変形が高度に進行した例では効果が少なく、手術を検討する必要がある。このことから、エクオールは更年期以降の手指の変形進行を予防する手立てとなる可能性がある。実際、今日の治療指針 2018年版では、エクオール含有食品を更年期障害の代替療法として用いてもよいと明記されている」と話しておられ、この治療方法が有効だと明らかになっています。当院でもエクオールを処方することができます。
  •  
  • 大豆由来の注目成分「エクオール」
    卵巣で作られる女性ホルモン「エストロゲン」は、生殖や子育てを行う上で欠かせないものである一方、全身の健康に関わる多様な働きも持っています。腱などの腫れを抑制するのもその役割の一つ。しかし、エストロゲンは更年期や産後授乳期に急激に減少してしまいます。それを補うために、いま注目を集めているのが大豆由来の「エクオール」です。辛い「ヘバーデン結節」などの症状がある方におすすめしています。
  •  
  • 平瀬雄一先生のご紹介
    四谷メディカルキューブ手の外科・マイクロサージャリーセンターセンター長。東京慈恵会医科大学卒業後、米カリフォルニア大学サンフランシスコ校に留学。埼玉成恵会病院(埼玉手の外科研究所)形成外科部長などを経て、手の専門医として、年に800件以上の手術を行っている。

記事:更年期以降の女性の手指の不調

   
ヘバーデン結節
エクオール

院長からの一言
へバーデン結節は止めることができます!松本市近郊で手指の痛みでお悩みの方へ
女性に多い「手指の不調」。痛みやしびれ、腫れ、そして変形などの辛い不調にさらされていませんか? 「きっと使いすぎから来る不調だろう」と、簡単に考えてはいけません。
40代以降の女性に多いこのような症状は、閉経による女性ホルモンの一種である「エストロゲン」の減少により起こりやすくなります。エストロゲンには手指の腱や関節の滑膜を保護する働きがあるのですが、閉経が近づき更年期入ると、急激に減少してゆきます。それにより、手指の関節の軟骨がすり減ったり、骨が変形したりする「へバーデン結節」や「ブシャール結節」の症状が現れることがあるのです。
症状の出たタイミングで対処せずに、放っておくとやがては指が曲がったり、関節が動かなくなるなど、日常生活に支障をきたすようになります。 思い当たる症状がある方は、まずはお近くのかかりつけ医への受診をおすすめします。松本市近郊の患者さんは、当医院でもヘバーデン結節の診察やサプリメントの処方を行っています。
お気軽にご相談ください。