症状の詳細
症状の詳細
one-point
';
手や足の指の関節が腫れてこわばる
女性で朝、手のこわばりが生じてくる
手指の第二関節が腫れて痛い
関節リウマチ
かんせつりうまち
主な症状
症状部分画像
関節リウマチは、免疫の異常によって内部に炎症が起き、腫れや痛みが生じ、軟骨や骨が破壊されて関節が変形する病気です。 関節にある滑膜が炎症を起こし、滑膜が増殖して周囲の組織を破壊します。 女性に多く、最初は手や足の指の関節が対称性に腫れ、特に朝のこわばりが特徴的です。
  • 症状
    初期:左右対称性に手足(特に第2関節の指関節)の指の関節が腫れ、朝のこわばりを感じます。 徐々に進行すると、関節破壊が起こり、生活に支障をきたすようになります。また膝関節、股関節などの大きな関節も侵されていきます。(30から50代の女性に多く発症)
  • 診断
    リウマチの血液検査 問診、体の診察 画像検査、エコー検査、血液検査 関節リウマチ診断基準によるスコアリングによって診断
  • 治療
    薬物療法 (1)非ステロイド系抗炎症薬 (2)抗リウマチ薬 (3)免疫抑制薬 (4)ステロイド薬 (5)生物学的製剤